隠蔽されている劣等感

Madame池尻です!

 

IMG-7811

 

昨日は「生きる目的は何ですか?」
でしたね。その答えは「生き延びる
ため」と申しました。そして、その
ためには戦略が必要であると…

 

 

 

 

私達は、すでに生きる伸びるための
戦略を持っています。その戦略とは、
無力な子供の頃、生き延びるために
設計した、不本意な戦略です。
これを「人生脚本」とも言います!

 

 

 

 

さて、私たちは個人個人が特有の考
え方や感じ方を持っています。
そして、それをベースに、判断したり
行動したりするわけです。
心理学では、それをライフスタイルと
いいます。

 

 

 

 

例えば、あなたには負ける可能性が
る時には、必ず立ち止まるという
徴を持ったライフスタイルがある
しましょう。

 

 
そんなあなたは、良く落ち込むこと
などの癖があり
ませんか? また、
不安になったり、頭痛が
したり、
疲労感や不眠症、強迫観念
や感情の
激発…etc.

 

 

 

 

落ち込みは、敗北することへの恐れ
であり逃避です。
よく考えてみてく
ださい!

 

 

 

 


そうなることは、自分の中
ではすで
に感情の準備ができている
ことも、そ
のための行動の準備をしていることも、
の状況に達したということも、本当
は気付いていたのです。

 

 

 

 

ですから、目的は達したから、本当
安心してその状況(落ち込み)を
楽しむべくなのに!
でも、それではカッコ悪いから…
そこで、申し開きをするために苦し
ことで代価を支払っている訳です!

 

 

 

 

競争心の強い人に良く見られる特徴
です。つまり、優越感を得たい人が
一番恐れているものは、何かによっ
て(結婚・ビジネス・社会的承認ナド)
勇気と自信を失うことなのですね。

 

 

 

 

そこで、戦略として、敗北に対する
準備は常に怠りません!
それが、落ち込みという形です!
つま
り、敗北を素直に認める訳には
いかないということです!

 

 

 

 

落ち込みというライフスタイルは、
進んでいけば負ける、その恐れから
立ち
止まりたいと願っている心の表
れ…

それは、時間を稼ぐための足踏み!

 

 

 

 

さて、優越感を満たしたい人は、
え間ない無意識的な追及と努力
を、
惜しみません。
それらは、残念
がら劣等感を隠した
いがための努力です。
劣等感は恥ずべ
きものと感じてい
るから…

 

 

 

 

ですから、劣等感を隠そうとして、
一層の努力を惜しみません。その隠
蔽する
努力は素晴らしくも嘆かわし
い…
やがて、隠蔽努力は報われて、自分
自身でさえ劣等感そのものに気づか
なくなってまいります。

 

 

 

 

無意識に、優越感を満たすために、
懸命
な努力して、さらに劣等感を
補償する
ために行動するんですが…

 

 

 

 

無意識を侮ってはなりません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください