未分類

あなたは大丈夫?コロナ離婚の次は介護離婚が待っている。

madame-prpです。
 

一般的には6月はボーナス月です。
今年はコロナで企業や店舗などが休業し
ボーナスが出ないという心配の声が多い!



コロナでも、
医療機関も例外ではありません。
診療報酬が入るのは2か月遅れ、
ですから6月分は4月のレセプトの分です。


4月と言えばまさにコロナ真っただ中で
どこの医療機関も閑古鳥が鳴いた。
これから院長も院長夫人も試練です!
 








ようやく経済が動き出して
日常が戻りつつありますが
本当の本番はこれからです!
 


大企業も次々に
赤字決算報告を出してきています。
あのソフトバンクや日産も大赤字!
すでに200社以上の倒産が報告された。


経済はすぐに家庭にも反映します。
子供や夫婦の関係に影響が出てきます。
うつや病気、別居や離婚など・・・


お金が無いということは地獄です。
子供たちの夢を奪い取り、
認知症の親を施設に入れることも
できません。



ですが、お金がすべてではありません。



真の豊かとは何なんだろう?
このことを考えたことがありますか?
多くの人が大事なことを考えない・・・




これを見誤っている人が多い!
豊かさを求めながら結果的に
多くの人が貧しくなっているのが現実だ!
私はそんなひとを沢山見てきた。




一時期の私もそうであったわ!
稼いでも稼いでも多くのものを無くした。
目がくらんでいる時は何も見えない・・・




さて、いま子育て中の夫婦には
団塊ジュニアが多いかと思います。
彼らは子育てで一息つく暇もなく、次は
親の介護という問題が振りかかってきます。
これは本当です。



あと10年、つまり2030年には
75歳以上の高齢者が2288万人になり
その後も増えていく一方・・・



政府はすでに施設より自宅介護を
推進しています。
共働きだから自宅介護できないといっても
親を受け入れる施設がないという現実です。



親を施設に入れたければ有料の施設しかない!
となると、それには多額のお金が必要になてくる。






運よく介護施設に入れても介護費用は払えるか?
親はお金を持っているのか?
年金で大丈夫なのか?



あなたは、夫の親を自宅介護できますか?
あなたの夫は、あなたの親を引き取る
ことができますか?


これらは必ずやってくる現実です。
一番大事なことから目を反らしていませんか?
経済的なものは生きている限り
付きまといます。



ところで、経済とは何でしょう?
考えたことありますか?
 


経済とは生きるための活動で
経済学とは、生を考え、病を考え、
老いを考え、死を考えること・・・



これらに問題があれば、この問題を
解決することを経済学と言うと何かで読んだ。



今度のコロナで
あなたは何を考えましたか?







 

コロナで離婚を免れても
やがて来る介護の苦しみから
離婚と言うこともあり得るのです。





madame-proでした。