未分類

こんな日は吉田拓郎を聞きながら

コロナ2波と明けない梅雨

「書斎の北の窓」・・・。同じ窓でも「北の窓」というだけ素敵に聞こえる。我が家はマンションの16階。角部屋で東、南、北が見える。ロケーションには恵まれている。

北の窓からはこんな感じで、
わずかな夕焼けが徐々に闇の中に飲み込まれていく。
見慣れた景色でも感動が違う。

さて、外は雨、とっくに梅雨は明けている時期なのに。先日の4連休もコロナ第2波?か、無条件に楽しめないなんて、悲しい世の中になったものである。緊急事態宣言が解除されてから、経済が動き出したかのような雰囲気だが、実際はそう甘くはない!

勘違い野郎の仕業か、政府の読みが甘かったのか、恐れていた第2波がやって来ている。コロナなんか恐くないという威勢のいいひともいるが、感染したらなんと言い訳するんだろう?

コロナ第2波か?3密(密閉・密集・密接)
離れなさい。話してはいけません。

これからの子供たちはどんな大人になっていくのだろう?

さて、話は変わるがこのところブログが書けなくなって落ち込んでいた。SEO対策などを意識して、あれやこれやと考え試していたら本当に全く書けなくなってしまった。

それに、Twitterも始めて1日5ツイートをノルマ化して頑張った結果、フォロワーが増えたのは嬉しいが、メッセージ送をってくる人にレスポンスしていたら、いよいよブログがおざなり、テーマさえ浮かばなくなってしまった。

ブログは毎日書いた方がいいというのはこういうことなんだ!毎日パソコン開いても何にも浮かばない。一番基本的なこと、つまり書くことがNGではSEOどころではない。やっと、何でもいいから書こうという気になった。キーワードも無し!とにかく思いつくままに書こう!

こんな日は拓郎を聞きながら・・・♪

拓郎の歌のように生きよう

こんな日には、拓郎の「落葉」や「サマーターム・ブルースが聴こえる」を聞いて気を取り直そう!若い頃、アバンギャルドな作詞家安井かずみから可愛がってもらったという拓郎。大人の遊びを習ったという。

拓郎の詞は不良っぽくて垢抜けしている。根っからのアーティスト、曲なんか5分で書き上げるとか…詞を書き、曲を作り、それを歌う。好きなことでお金を稼ぐ・・・

まあ、文章を書くことは嫌いではないから、すぐに調子は取り戻すはず…

ところで、いまブログはオワコンなのか?と囁かれているが、急速に動画やライブがトレンド。SNSライブやYouTubeなどが瞬く間に広がった。確かに文字離れもあるが、文章だからこそかっこいい言葉で表現できる。それぞれが得意のところで頑張ればいい。

本当に大事なものは何か?

脳科学者の茂木健一郎氏が何かの雑誌で、コロナで世の中は急速に変化して行くと言っている。これからの時代は、オンライン授業や在宅ワークになっていく!社会はいずれそうなるとわかっていたことをしてこなかった。

私たちはコロナで気づかされた訳である。都市型生活から田舎暮らしへ、外食からデリバリー、海外旅行から国内旅行など・・・