家族

人生最大の不幸と人生最大の過ちは結婚!

bench-1355620_1920

人生最大の不幸は親を憎んでいることである!

親を憎むなどあり得ない!育ててくれた親には感謝しかない!
と言いながら、心の奥では、親との間に距離を感じる。背中が寒い!それが長い私の人生と・・・

休日に親元に帰るのを躊躇する。その訳の分からない感覚に襲われる。理想とかとけ離れた親の影が悲しくなることはないだろうか?

心理セラピーに訪れるクライエントの心の奥には、親の影が見え隠れする。

子供は親を選べない!

大人に近づくにつれて、誰もが完璧な親にはなれないことを理解できるようになる。だからといって、心から納得していたわけではない。

大人への過程など何の役にも立たなかった!と、A子さんは言う。何かにつれて思い出すのは、子供の頃、両親から言われた惨い言葉や信じられないような扱いばかり。

そのたびに、「なんで?自分の子供なのに・・・」と思う。でも、答えが見つからないから今も引きずっていると…

両親は何年も前に他界している。しかし、A子さんはこの苦しみから逃れられないまま生きてきた。どこへ行っても人間関係が築けず転職を繰り返す。人が話していると、自分のことを言われていると思う。

我が子をハグできません!

ママ、抱っこして!といって子供が駆け寄ってくる。今忙しいからあとでね、と言ってしまう。抱っこしてあげなくてはいけないのは分っているけど・・・、できない!

私は「母親の資格がない!」といって罪悪感に苦しんでいる女性が多い。「あなたはどうだったの?」と促すと、やはり母親からハグして貰った記憶がないと・・・

人は学んだことや経験したことしかイメージできない。ハグの記憶がない人にハグできようはずもない。それに、自分が産んだ子だから可愛いと、全ての親が思えるわけでもない。

親にならなければ分からないことばかり。
子育ては手探りである。

親に愛されない自分は価値がない!?

みんな私を嫌うのです。私は何にもしていないのに・・・。「みんな」というところを「母親」に置き換えてみよう。母親が私を嫌うのです。私な何にもしていないのに・・・

ハグされていない子供は「自己重要感」にとぼしい。ハグして貰えないのは母親に嫌われていると思う。自分は愛されるに値しない、生きる価値などないなどと考えるようになっていく。

何にも言わず抱きしめよう。100の言葉より1回のハグの重さを伝えよう。悲しんでいるときは抱きしめよう。苦しんでいるときは抱きしめよう。ハグされたら怒りからも解放される。

自己重要感の欠如や親への憎しみは、間違った思い込み(認知のゆがみ)である。同じような環境下でも、ポジティブに捉える人もいればネガティブに捉える人もいる。

【押さえどころ】

愛などマボロシである。どのようにでも捉えられる。親に愛されていないのは間違った思い込みかも知れない。重要なのは、今この世に存在していることである。

それには親の存在を否定することはできない。1億の精子の中の1つが、私でありあなたである。1億分の1の価値をどう捉えるか?

だから親に感謝しろと言っているのではない。ものごとはそう簡単ではない。それはそれ、これはこれと考えてみることだ。すると、いつか繋がる時がくる。

box-1514845_1920

人生最大の過ちは結婚相手を間違えることである!

男性は優秀な遺伝子を作るために生まれてきた

2016年、4年前ケンブリッジ大学で、男性の肥満は精子に大きな影響を与えるという報告があった。

子どもに優秀な遺伝子を残したければ遺伝子が損傷しないように日頃から努力する必要がある。精子の形成には約3ヶ月ほどかかるという。

食生活や運動不足や飲酒やたばこや、睡眠不足などはDNAを傷つけるということで生活習慣の改善に取り組む必要があると、不妊治療のドクターは口を揃えて言う。

父親になるということは

父親になるということは政府が奨励する育メンどころの沙汰ではない!本当の育メンとは優秀な遺伝子づくりではないか?個人的意見だが、男性には精子に対する責任がある。

子供の才能は遺伝子抜きには考えられない。つまり男性は、賢い頭と丈夫な体と優秀な精子を持つことが重要である。

仕事が終われば居酒屋に直行などもってのほか!楽(ラク)している場合ではない。ジムに通って体を鍛えたり、〇〇講座で脳を鍛えたり座禅を組んだり、遺伝子磨きは山のようにある!
食べたい放題、飲みたい放題などもってのほかである。

zebra-3834241_1920

女性は優秀な精子を獲得するために存在する。

母親のミッションは子供に正しい生き延びる術を教えること。その最も重要なことは優秀な遺伝子を持った精子の獲得である。

未来に乗り継ぎたい名馬と言われるディープインパクト。現役を引退しても種馬として重要な仕事をしている。その種付けの金額には驚きである。

損傷した遺伝子を受け継ぐと、いくら鞭を打ってもボルドのようには走れない!鞭より悪いのは、愚かな母親は肥満の子どもに揚げ物ばかりを食べさせていることである。

生き延びる術を教えるどころか、毒を盛っているようなものである。本当の毒親もいる。躾と言って虐待したり食事も与えない。

【押さえどころ】

父親になるということは、国家を担うくらいの責任と覚悟で臨んで欲しいものである。ディープインパクトのような優秀な精子なら引く手あまたである。

母親のミッションは優秀な精子の獲得と子供の環境を整えることである。どこにでもある唐揚げに手を伸ばすようでは女性としてたかが知れている。母親になりたければしたたかであるべきである。

grass-2594302_1920

【総括】

大事なものを見失わない!

感情的な人は意思決定で間違いやすい。情に流されて判断するからである。
恋愛感情がピークの時に結婚をしたくなるのも頷ける。

恋愛感情はドーパミンの働きである。脳の中ではドーパミンが過剰に分泌して、気持ちがハイの状態である。ハイの状態の時には冷静な判断ができない。愛が錯覚であることは後になってわかる。

人生はビジネス、結婚もビジネス!

人間は他の動物とは違う!人間の脳は大脳皮質(人間脳)が発達しており、ここをうまく使うことで人生は大きく変わる。感情(無意識)に流されると人生は躓く!

誰と一緒にいるか、どんな人と付き合うかは重要である。なかでもパートナーとは、最も濃密な関係になるから慎重に選択しなければならない。夫婦の問題に子供を巻き込む親が多いことは、実に嘆かわしいことである。

人気記事:夫婦の関係性の土台作りとは・・・
     コロナが原因か?離婚や家庭崩壊